アフィリエイトで稼げる記事の書き方

エムお兄さんエムお兄さん

アフィリエイトで稼げる記事の書き方2つです。

アフィリ猫アフィリ猫

しっかりマスターしましょう!

ちょっと前まで、アフィリエイトは読まれない記事でも稼げました。

読まれないというのは、セールスサイトの中身をリライトしたようなだけのサイト。

あるいは、口コミらしき記事を書いたサイトこういうサイトでも上位表示一定できました。

しかし、これが最近は難しい。

なぜか。

理由はめっちゃありますが。

・大手サイトが強く、個人サイトがよわい

・効果効能を紹介するレビュー記事は表示されにくい

・アフィリエイトサイトはその性質上、ユーザーの最終アクションサイトにはなりがたい

・グーグルのアップデートの速度が早いので、ブラックSEOのリスクが高すぎる

・グーグルの精度がかなり上がり、検索意図をかなり考えて記事をかく必要がある。

アフィリエイトという観点からするとこういうことは知っておいたほうがいいと思います。

大手サイトが強く、個人サイトがよわい

まず、アマゾンやアットコスメと言った、大手サイトがやたら上位表示されます。

個人のレビュー記事は排除されがち。

一説によれば、グーグルはユーザーの商品決済までの時間もみてるんじゃないかと言われています

グーグルってログインしていればほとんどワンクリックで商品買えますよね。

あれって、グーグル目線でいうと、物凄くユーザー目線なんですよ。

ユーザーは自分の欲しいものめがけて、一直線に行けるわけですから。

これに対して、通常、アフィリエイトサイトのようなレターは個人情報を一個ずついれないといけないわけで、不便といえば不便です。

ユーザーの動きを見ているグーグルさんとしてはこの動きはユーザーさんにとっては非効率に見えてるかもしれないのです。

あとは、あとで書きますが、「この記事誰が書いたの?」というのも重要。

効果効能を紹介するレビュー記事は表示されにくい

わかりやすく言うと「化粧品名+口コミ」と検索しても、いわゆるアフィリエイトサイトはあまり表示されないと思います。

上位はアットコスメ、アフィリエイトも日本語ドメインや中古ドメインのようないわゆるドメインパワーだけで上位表示されてるっぽいサイトが中心。

これは何年か前、DENAがMERYというサイトでごちゃをしたものだから、日本だけばっさり医療関係に関するサイトや、効果効能を訴える個人サイトが軒並み上位表示が難しくなりました。

私は以前、子供の視力回復にかんする商品を結構売っていたのですが、まはやそういう教材、というか医療系のアフィリエイトプログラムは手を出さないほうが無難ですね。

軒並み、眼科とか新聞記事とかそういうサイトが表示されます。

つまり、これは誰が書いたか、というのがものすごく重要に。

素人のレビュー記事なんざ、価値なしと判断されているわけです。

アフィリエイトサイトはその性質上、ユーザーの最終アクションサイトにはなりがたい

ユーザーは当然ながら検索したくて検索しているわけではなくて、なにか、調べ物や購入したいものがあって検索しています。

ユーザーはお目当てのものを見つけたら、どうするかというと、検索をやめて、ブラウザなりスマホなりを閉じるか、全く別のページに移ります。

つまり、ユーザーが探しものをやめたサイトはユーザーの悩みを解決した、ニーズに答えることができたということになります。

つまりそのサイトが役にたったということ。

しかし、アフィリエイトサイトはそこで購入されるわけではないので、最終アクションサイトにはなりません。

検索サイトは結局このサイト(アフィリエイトサイト)を通過してこっちのサイト(公式サイト)で購入されるんだな。

じゃあ、最初からこっちのサイト(公式サイト)を上位表示させようとおもって、いつかは順位が逆転されます。

グーグルのアップデートの速度が早いので、ブラックSEOのリスクが高すぎる

中古ドメインでゴリゴリ上位表示させている人もいるようです。

でも、遠くない未来それ全部ゴミサイトになる可能性が高いわけで。

私は過去に数百のサイトをすべて作り直し、というか全部ドメインすてたので、まあ、やらんかな。

それより、今は、アップデートにおそれることなく毎月コンスタントに稼げるサイトを持ちたい。

グーグルの精度がかなり上がり、検索意図をかなり考えて記事をかく必要がある。

例えば、ある商品のレビュー記事を書くとしましょう。

「この商品の特徴はこうで、今買うと、こんな特典があって、こんな効果があります。」

昔はこれでよかった。

今は、それだけではだめで、その人がなぜ、その商品を欲しがっているか、そもそもどんな悩みがあるか、場合によっては別の解決手段がないか?

そういう検索する人の目的をかなり深掘りして書く必要があります。

ただし、これはアフィリエイトサイトはチャンスなのです。