Google、ペンギンアップデート2.0を適用 アフィリエイターとしての対策

>>Google、ペンギンアップデート2.0を適用(ソース元)

Googleは5月22日(現地時間)、同社の検索アルゴリズムへのアップデートとして、ペンギンアップデート2.0(Penguin 2.0)の適用を実施した。同社のMatt Cutts氏が明らかにした。

ペンギンアルゴリズムは、2012年4月に導入されたもの。スパム的なリンクビルディングやリンクバイイングといった影響を排除することを目的としており、今回の適用では、米国(英語)での検索クエリにおいて2~3%程度の目に見える影響があるだろうとしている。

ペンギンアップデートは各言語での適用も完了しており、その言語での検索クエリへの影響は、その言語でのWebスパムの量によって異なるという。

ペンギンアルゴリスではこれまで4回の適用が行われているが、今回はデータリフレッシュではなく、アルゴリズム自体のアップデート。

記事を読むと英語圏でお話しのようですが、日本にも来るでしょう。

で、

アフィリエイターとしてはどうすべきかというお話ですが、私なりにはひとつの解決法が見えてます。

その結果がこれ。

以前のペンギンアップデート後も、毎日1000以上のアクセスを集めるサイトを作るのに成功してます。(当然、ほとんど検索エンジン経由で。)

アフィリエイターとしては具体的にはどんなサイトを作るべきかについては、近いうちに実践レポートを何らかの形で公開しようと思いますが・・・・

ポイントをまとめると。

  • 少なくとも、外的SEOだけやってれば上位表示される仕組みは徐々に消える(全く効果が無いわけはない。)
  • 最初は、ペラサイトを作るよりは、ひとつのサイトを育てたほうがよい。
  • 読まれる記事を書くこと
  • そのためには、ライティングを勉強すること、(推奨教材:悪魔のステップメール
  • 読まれている記事は上に上がってくる
  • トレンドも意識すること(推奨教材:下克上
  • トレンドの記事は上位表示されやすい
  • トレンドの記事は興味をもたれるので読まれる
  • キーワードを追うのも大事だが、テーマを研究すること
  • 文字数はこだわらない。
  • 個別記事の、タイトルやメタ説明文はサイトトップのタイトル以上に重要
  • フォルダや、カテゴリでジャンルや、テーマを分けるのも重要。
  • 検索エンジンを意識する前に、人を意識すること
  • ~してみた、的なレビュー記事は稼ぐためには重要。
  • 最初はドメイン代・リンカー代にはお金はそれほどかけなくて良い。
  • テーマの最新情報はチェックすること(雑誌などもチェック)

タグ

2013年5月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:情報

このページの先頭へ