教材購入後にすべきこと

教材を購入したら、何はともあれ実践です。

3ヶ月は頑張れとか言われたりしますが、私もいろいろやってるので、作業量という観点から、まず最初の一歩はこれくらいかな?と言うところを紹介します。

メルマガアフィリエイトの場合:無料レポート5個作成

ブログアフィリエイトの場合:100記事更新

サイトアフィリエイトの場合:サテライトとして無料ブログ40~50個作成+独自ドメイン10~20個、うち1、2個は10記事以上。

PPCアフィリエイトで商品名のみで集客する場合:商品1000個出稿(千個ですよ!)

PPCアフィリエイトで情報商材を売る:商材10個(10ジャンル)

まあ、こう書くと圧倒的に情報商材をPPCでうるのが作業量が少ないです。ただ予算的な問題もあるでしょうから、一気にできるわけではないでしょう。

サポートは使いましょう。

最近はサポート付の教材も多いです。

私も教材を販売してますが、月額会員ならメールサポートは無制限スカイプもあるにもかかわらず、1回も使わず退会する人がいます。

アフィリエイトでサポートしているときも同じサポートをつかわない人が多い。

はじめは聞きまくることです。

記事を書く⇒添削してもらう

レポートを作る⇒添削してもらう

ブログを作る⇒添削してもらう

キーワードを考える⇒意見を聞く。

私が初めてPPCアフィリをしたときなんか販売者さんにつまらない質問を繰り返してましたよ。

サイトを作る⇒販売者に相談

キーワードを考える⇒販売者に相談

しばらくして広告のクリック単価等を販売者に相談。

じゃないと、まじな話あさっての方向向いてブログが運営されていきます

何個か教材を買ってうまくいってない人のブログ等拝見すると酷いのがあります。

酷い場合には、本人さんにこれは何のブログですかと聞いても「よくわからなくなってます(笑)」って答えられたり。

いや、笑い事じゃなくて。(;・∀・)

私も自分の教材のサポートをする時、当然、すこしアフィリエイト経験のある人の質問にも答えるのですが、「そのやり方(別の教材のやり方)と私のやり方混ぜないでください。別にそのノウハウを否定するつもりは無いですし、それはそれであってますが私の教材を実践するときはそれはそれでよこにおいておいて下さい」ということがままあります。

聞いてくれる人はいいですが、きっと質問もせずやってる人もいっぱいいるでしょうから、大変です。
 

教材をよく読むこと。そして教材通り実践すること。

まじにこれ重要。

上と関係しますが、ちょっと経験者の方は、すぐ教材を流し読みします。

結果、やってはいけないことをします。

たとえば、私の教材(といいますかPPCアフィリの教材全般)には自分の悩みに関する商品をPPCで売りなさいとは一言も書いてないにも関わらず、自分が悩みを持っているからというだけでそれを売ろうとする人。

もちろん他に教材に書いてある売れる根拠に基づいてやってればいいのですが、まったくそんなことはない。

まったく教材を読んでない。

パソコン叩きながら教材を読みましょう

私も新しいジャンルをするときは、今でもそうです。

教材は読みながらパソコンをたたくのです。

これ大事、そうすると絶対に読み流すことはありません。

すると、しばらくすると

はじめはきつい仕事だと思います。。

まるで砂漠を耕すよう・・・

しかしいつかはASPからこんな連絡が・・・

あなたにもかならずできます!

関連記事

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガも読んでみる

ブログとメルマガで稼ぐ実践メルマガ(>>最新のバックナンバーはこちら<<
メールアドレス
登録

※解除はメルマガ内でいつでも可能です。

当ブログに寄せられたフェイスブックからのコメント

タグ

2011年8月21日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:アフィリエイトの勉強法 初心者向け

最新情報

2013年10月3日メルマガバックナンバー
24ドメイン中古ドメイン発掘ツールのレビュー
2013年10月3日メルマガバックナンバー
地域セミナーや最新情報まとめ
2013年9月26日メルマガバックナンバー
ブログ・セミオート・ランチャー レビュー
2013年9月10日情報
シリウスでのスマホサイトへの最適化について
2013年9月3日情報
アフィリエイトリンクをリダイレクトさせるときの注意点。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ