サポート付教材と塾との違い

情報教材の多くはサポート付です。

サポートにはいろいろな形がありますので、例をあげます。

1.個別サポート付

作業途中で分からなければ、著者に質問するとアドバイスがもらえます。

一般書籍で著者にアドバイスなどもらえないので、情報教材の大きなメリットです。

ただし、分からなければ、聞けるということですので、自分から質問することが大切です。

通常、回数や期間に制限があります。

2.SNSや掲示板によるサポート

販売者による回答が保証されているものといないものがあります。

実践者同士でアドバイスしたり、問題を共有したり、必要に応じて販売者が答える場合もあります。

3.塾形式

販売者から課題を与えられ、作業をすすめる形式が一般的のようです。

個別サポートにくらべ、販売者から段階的に指示を受けることが出来ます。

また、様々なツール等を与えられる場合が多く、リアルでの面談が可能な場合もあります。

ただし、料金は高額なのが一般的です。

 

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガも読んでみる

ブログとメルマガで稼ぐ実践メルマガ(>>最新のバックナンバーはこちら<<
メールアドレス
登録

※解除はメルマガ内でいつでも可能です。

当ブログに寄せられたフェイスブックからのコメント

タグ

2011年1月27日 | コメントは受け付けていません。|

カテゴリー:情報商材

最新情報

2013年10月3日メルマガバックナンバー
24ドメイン中古ドメイン発掘ツールのレビュー
2013年10月3日メルマガバックナンバー
地域セミナーや最新情報まとめ
2013年9月26日メルマガバックナンバー
ブログ・セミオート・ランチャー レビュー
2013年9月10日情報
シリウスでのスマホサイトへの最適化について
2013年9月3日情報
アフィリエイトリンクをリダイレクトさせるときの注意点。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ