地域セミナーや最新情報まとめ

エムです。(;・∀・)

 

通常業務に戻れます。

 

いやー、先月はなかなか忙しかったです(´・ω・`)

 

決算あり、保険の仕事有り、地域の企業向けのセミナー有りと実はいろいろやってまして。

 

地域の企業向けのセミナーってなにするかというと商工会議所でビラ巻いて、
「稼げるホームページ作成法セミナー」みたいなものをやるわけです。

 

我々、ネットの仕事に関わる人間が当たり前のことが世間では当たり前ではないわけです。

 

興味を持たれるのがPPCとステップメールの話。

 

興味を持たれるないのが「売れるサイトの作り方」「売れる記事の見せ方」、コピーライティングとかLPO的な話。

 

セミナーではくわしくはなしてる暇はないのですが、「こういうのがありますよ」とか「こういうのが大事ですよ」的な内容だけですけどね。

 

それでも、知らない方には、十分ためになります。

 

例えば、商品を売るのが目的なサイトは基本的に横にメニューをつけず、
1ページに1商品紹介するのが大事です、といったことでも、お客さんからしたら「へー」(・∀・)てなもんです。

 

「SEO」という言葉や、検索結果の上と左は広告で、どういうサービスか、も知ってる人もほとんどいませんからね。

 

あるいは、同じ商品やサービスを紹介するのでも、ターゲットや、切り口、アクセスの集め方でサイトの作りを変えるといった
アフィリエイトではあたりまえのことでも、世間では当たり前ではないわけです。

 

サラリーマンの人は難しいと思いますが、経営者の方はもちろん、主婦の方や個人事業のかたも商工会議所に登録して
ビラ巻いてみて下さい。結構、広告費は安いです。

 

私のいる姫路地域では、8000社ほどの会員さんに広告をだして、広告費が80000ほど。

 

会議室代やその他入れても10万あればお釣りが出ます。

 

チラシの出来にもよりますが、0.1%~0.05%つまり、10人弱くらいは集まります。

 

これが、高いと思うか安いと思うかはその人次第ですが、いわゆる「社長」「事業主」の名刺や、
それなりの部署の担当の人のリストが取得できると思えば安い投資だと思います。

 

前置きおわり。

 

というわけで、1回しか紹介出来てませんでしたが、目的のはっきりしてる方にはしっかり売れてます。(・∀・)

 

ブログ・セミオート・ランチャー レビュー

 

あと1日ほどで、販売記念特典が一個削除されます。

20ブログバージョンでも使い出すと、なくてはならなくなるくらい便利。

 

新特典:シリウススマホ最適化拡張マニュアル

 

おかげさまで、特典単体で購入いただいているほうが多いです。

 

実は、BSLを購入いただいたほうが私の儲けは大きいのですけどね(・∀・)

 

アフィリエイト商品がなんか1個~数個売れれば元取れます。

 

銀行振込いただきました方で、万一届いてない方がいらっしゃいましたら恐縮ですがご連絡下さい。

 

※その他、個々数日で気になったニュースなどと私の感想。

 

海外SEOブログさんより

ハミングバード(Hummingbird)、Googleが新しい検索アルゴリズムを導入
http://www.suzukikenichi.com/blog/google-hummingbird-algorithm/

結論書かれてますね・・・・

ハミングバードにどのように対応すべきかを心配する人もきっといることでしょう。
でも何か特別なことをする必要はまったくありません。
今までと同じようにユーザーに焦点を当てて良いコンテンツを作っていくことが第一です。
ハミングバードの導入によって、意味を理解する力をGoogleがますます向上させたのですからなおさらコンテンツが重要になってきます。
僕はSEOに専門的に携わっているので、こうしてハミングバードのことを研究します。
でもあなたが一般のウェブ担当者なら、この記事を読み終わったあとは、「ふーん、そういう新しいアルゴリズムが導入されたのね。さて普段の仕事に戻ろう。」で全然OKです。
きちんとしたSEOに取り組んでいるなら、これまでの施策に何ら変更を迫るものではありません。

 

アフィリエイトのいろんな塾や教材が出て、次のような不安が出ると思います。

「このノウハウは今でも通用するのでしょうか?」

 

結構をいうと、せいぜい「今は通じている」としか言えないわけです。

 

私がアフィリエイトを始めたころってのは一つのサイトをじっくり育てても全く稼げませんでした。

 

ザクザク小さいサイト作ったほうが遥かに稼げた。

 

いまは、少なくともじっくり育てるサイトは必要、かと言って、量産が不要かというとそうではない。という感じです。

 

また、昔効果があったものが効果が薄くなっている、またはなくなっていくものもあります。

 

しかし、じゃあ、特効薬というか、新しい画期的な方法はあるかというとやっぱりなくて、SEOで集客するなら
いろいろやってみて、自分なりの答えを見つけるしかないと思います。

 

極端な話、SEO攻略は諦めるというのも有りだと思います。

 

SEO攻略は諦めるというのは、別に全くSEOで上位表示を諦めるというわけではなく、ピンポイントで狙ったキワードで上位表示させるとか
少ないコンテンツでも上位表示を狙うとか、「検索エンジンという仕組みがなければ作らなかっただろう記事やサイト」を作るのはやめて、
別のルートからいろいろ集客するってことです。

 

ツイッターやメルマガもその一つ。

 

初報酬まで時間はかかるでしょうし、最初は壁に向かって喋ってるのと同じ感覚ですが、
なんだかんだいってこの手法が外的環境からあまり左右されず稼げます。

 

アンリミテッドアフィリエイト

 

レビュー

 

スマホユーザーがモバイル“非”最適化サイトに感じている3大不満 など10+2記事
http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2013/09/27/16123

 

モバイルユーザーの52%が、自分が訪問するモバイルサイトの半分以上がモバイルに最適化されていないと感じており、彼らが抱く不満のワースト3は以下のとおりだった。

PC向けサイトでできることがモバイル向けサイトだとできない
表示速度が遅い
スマートフォンの小さなディスプレイに最適化されていなため操作しづらい

 

上に比べると遥かに簡単な話。

 

おすすめは、シリウス+私のマニュアル。

 

新特典:シリウススマホ最適化拡張マニュアル

 

スマホツールとかレスポンシブデザインとか有りますが、我ながら、これが一番アフィリエイトだと実用的だと思います。

 

余談ですが、シリウスのスマホ対策と、賢威のWPのレスポンシブデザインは仕組みが違っていて、
シリウスの場合はスマホから来たアクセスを、スマホ用のサイトに転送することによって、スマホサイトを訪問者に表示してます。

 

これに対し、賢威WPの場合は、CSSの一部だけをスマホの形に合わせてものに切り替えてます。

 

だから、PCサイトには背景画像を表示させるが、スマホサイトには背景画像を表示させないということができないわけで。

 

あるいは、私のマニュアルのように、PCサイトは画像の配置を左右に寄せて、スマホは全て真ん中寄せというわけかたもできないわけです。

 

GoogleアカウントにログインしていないユーザーにもSSL検索が強制適用、(not provided)が100%になる日は近い!?
http://www.suzukikenichi.com/blog/google-enforces-ssl-search-even-if-you-are-not-logging-in-google-account/

 

ああ・・・(´・ω・`)・・・わかる。

 

数十ページ以上のパワーサイトにはあまり関係ないです。

 

なぜなら、キーワードはわからなくてもどのページが読まれているかはわかるので大体の見当はつくから。

 

でも、ピンポイントで売れるキーワードを探す場合はかなり困る。

 

まあ、言ってても同しようもないです。

 

※その他

久しぶりに中古ドメイン発掘ツールの新作を入手しました。

 

ちょっと試運転してます。

 

良さげですが、明日、明後日くらいにレビューします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

メルマガも読んでみる

ブログとメルマガで稼ぐ実践メルマガ(>>最新のバックナンバーはこちら<<
メールアドレス
登録

※解除はメルマガ内でいつでも可能です。

当ブログに寄せられたフェイスブックからのコメント

タグ

最新情報

2013年10月3日メルマガバックナンバー
24ドメイン中古ドメイン発掘ツールのレビュー
2013年10月3日メルマガバックナンバー
地域セミナーや最新情報まとめ
2013年9月26日メルマガバックナンバー
ブログ・セミオート・ランチャー レビュー
2013年9月10日情報
シリウスでのスマホサイトへの最適化について
2013年9月3日情報
アフィリエイトリンクをリダイレクトさせるときの注意点。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ